好きな人たちと、好きなことで、お金を稼ぐ!『ひとりビジネスの教科書』を紹介

今回は、佐藤伝さんが書かれた、『ひとりビジネスの教科書』を解説していきます。

この本は『自宅起業で、お金と自由を手に入れる方法』を教えてくれます。

  • 副収入が欲しい
  • 自由になりたい
  • 会社に縛られたくない

そんな方は、この本をぜひ読むべきです。

本書の中には、一人でビジネスを始めるさいに大切なことが詰まっています。

  • 心構えや
  • 商品の作り方
  • 自分のやりたいことの見つけ方
  • 集客の方法
  • 安定して商品を売る方法

この本を読むことで、これらの理解を深めることができ、自信を持ってひとりビジネスを始められるようになります。

また、文面からも佐藤さんの人柄が伝わってきて、非常に勇気づけられる内容になっています。

今回の記事では、僕が本書の中で特に好きな部分を紹介していきます。

こんな人におススメ!

・個人でビジネスを始めたい!
・何かしたいけど、何をすればいいか分からない…
・ひとりビジネスを全体的に知りたい。

『ひとりビジネス』は5つのフェーズに分けられる

本書の中で、佐藤さんはひとりビジネスには5つのフェーズがあるとおっしゃっています。

この5つのフェーズを順に達成していけば、お金や時間に縛られない自由を得ることが出来るのです。

ではまず、5つのフェーズの全体を見てみましょう。

  1. 迷いの状態
  2. テーマを決める
  3. コンテンツ作り
  4. 集客・販売する
  5. 自動化する

これら一つ一つの内容は、もう知っていたり、どこかで聞いたことがある方も多いと思います。

しかし、そんな方にもこの本を強くおススメします。

本書を読むことで新しい発見や、違った視点で自分のビジネスを見つめる機会になるためです。

今回の記事では、フェーズ2の『テーマを決める』までを解説していきます!

ブログを読んでフェーズ2以降が気になった方は、ぜひ本書を読んでみてください。

ひとりビジネスのロードマップ

フェーズ1:迷いの状態
      ほとんどの人がこの状態

フェーズ2:テーマを決める
      ビジネスの方向性を決める

フェーズ3:コンテンツ作り
      自分で決めた「テーマ」に沿って商品を作る

フェーズ4:集客・販売する
      インターネットに「自分メディア」を構築、ガンガン配信する!

フェーズ5:自動化する
      「ひとりビジネス」を自動化、仕組み化すればお金がドンドン増える!

フェーズ1『迷いの状態』とは?

気になった方も多いと思いますが、まずはこの迷いの状態が何なのか解説します。

佐藤さんが定義する迷いの状態とは、

『何かやりたいけど、スタートがまだ切れていない人』

のことを表しています。

この状態の人が一番多く、7割近くいるのだと著者は言います。

これは、僕もすごく同意できます。

僕自身も何か副業をしたいけど、何を始めたらいいか迷って、結局なにもできていない時期があったからです。

今の時代、動画編集やブログ、せどりなどの副業が多く存在していて、何が自分に向いているのか分からなくなってしまいますよね( ;∀;)

迷った末に、結局何も行動しない…

僕みたいに『迷いの状態』に陥っている人は多いはずです!

ここからフェーズ2の『テーマを決める』までの道のりは果てしなく長い気がしますよね…

次の章から、フェーズ2に移るための方法や考え方を解説していきます。

このブログで、皆さんのテーマ決定に少しでも貢献できたら嬉しいです!

迷ってる状態だと、「何かしなきゃ」と思って焦りや不安が出てきますよね…
そんな不安を取り払うために、テーマを決めてビジネスを開始しましょう!!

フェーズ2『テーマを決める』ためには?

何をするにもまずは「テーマ」を決めることが大切です。

でも、いきなりテーマを決めろと言われてすぐにできる人もいないですよね。

そこで、この章ではテーマの決め方を詳しく解説していきます!

一部でも気になる部分があったら、試してみてください!

テーマを決めるときは勘違いに注意

著者は、テーマを決める際に注意すべき点を教えてくれています。

それは「テーマ」と「手段」を勘違いしてはいけないという事です。

ひとりビジネスに限らず、どんなビジネスにも共通していることがあります。

それは以下の3要素を決めることです。

誰に(対象)× 何を(テーマ)× どのようにして(手段)

この3要素を満たしたとき、はじめてビジネスとして成り立ちます。

そしてよくある勘違いが、テーマと手段が混同してしまうことです。

例えばコーチング。

コーチング自体は手段ですが、たまにコーチング自体をテーマにしてビジネスを始めようとする人がいるようです。

コーチングをする前に、まずは「何を教えるのか(テーマ)」を決めないといけません。

このまま始めると、テーマが曖昧になり迷走してしまいます。

このように、テーマを取り違えると挫折する危険があると佐藤さんは言います。

そうならないように、まずは自分が始めようとしていることが、3要素を満たしているかを考えてみてください。

自分の3要素を考えてみた
対象 :昔の自分、ブログを見てくれる方
テーマ:ためになる本の知識を解説する
手段 :ブログ、SNS

AからBへ変わる方程式

テーマを決めるおススメの方法を紹介していきます。

それは、「AからBに変わる方程式」で考えることです。

この場合のAとは、あなたの商品、サービスを使う前のお客さん。

そしてBは、あなたの商品を利用した後のお客さんの状態です。

もっと簡単に言い換えると「Aだった人がBになる」と言い換えてもOKです。

あなたが提供するサービスで、お客さんはどう変わりますか?

どんな問題を解決できますか?

以前よりハッピーになれますか?

これらを具体的にイメージできれば、おのずとテーマが決まります。

この方程式を基準に考えることで、「誰かの悩みや問題を解決して、より良い状態にすること」をテーマに盛り込めるようになります。

人が変化する過程を見ていて、あなたがワクワクできることを探してみてください!

この考え方は凄く大切だと思いました!
これをハッキリ言える人は、誰かに価値を提供できている証拠ですね!
僕は、このブログを読んだ人が、悩み解決している姿を想像してワクワクしました(*’▽’)

コア・メッセージを決める

テーマがなんとなく決まってきたら、次はコア・メッセージを考えてみましょう!

コア・メッセージとは『あなた自身のキャッチフレーズのようなもの』です

「〇〇をして××を変える」

「△△の悩みを◇◇で解決する」

というように、あなたがやっている(やろうとしている)ひとりビジネスをインパクトある短いフレーズで表現したものです。

「何のために?」で突きつめて、ビジネスの根っこを言葉にしてみることが大切です。

このコア・メッセージは「誰に、何を、どのようにして」が明確になっている人なら考えやすいはずです。

「あなたが何をしようとしているか」を、みんなに分かりやすく伝えるキャッチコピーを一度ゆっくり考えてみてください。

コア・メッセージがうまく考えられないという人は、普段の会話の中にヒントがあるかもしれません。

いつも口にしていることは、いつも意識しているという事です。

普段、あなたがおしゃべりしている、その会話の中にこそ、コア・メッセージにたどり着くヒントが隠されているかもしれません。

これはコア・メッセージかもしれない…

そう思ったときは、以下の3つのポイントをチェックしてみてください。

そのフレーズを聞いただけでワクワクする

そのフレーズを実現できるなら、休日に仕事をしてもいい

そのフレーズを形にするためなら、無償で人を助けることもできる

どうでしょうか?

これら3つに「イエス!」と即答できるのなら、それはあなたのコア・メッセージです。

コア・メッセージは、個人のキャッチフレーズであると同時に、あなたの「ひとりビジネス」の旗印にもなります。

これが決まれば「ひとりビジネス」の勢いがドンドン加速していきます。

行き詰った時も、このコア・メッセージがあなたを初心に帰らせてくれて、再スタートを切れるのです。

僕がキャッチコピーを付けるとしたら…
『本を紹介して、役立つ知識を広げる』かな…?
自称するのは何だか恥ずかしいですが、目標が定まった感じがしますね!

佐藤さん直伝、成功する行動習慣

ここからは、佐藤さんがおススメする行動習慣を紹介していきます。

ユニークな言葉で紹介される行動習慣はどれも面白く、分かりやすいものばかりです。

成功するための行動習慣をぜひ覚えて行ってください!

「ビビサク」で迷わず行動

さて、テーマも決まり、コア・メッセージも用意できたとします。

ここからは、「ひとりビジネス」を成功させるために必要な行動習慣をお伝えします。

著者はここで「ビビサク」という言葉を紹介しています。

これは著者の造語であり、辞書を引いても出てこないそうです(笑)

ビビサクとは、「ビビっと感じたら、サクッと行動する」という行動習慣を表しています。

直感でビビっときたら、サクッとすぐに行動するのです。

過去の体験をよく思い出してみてください。

うまくいったときは、何も迷わなかったはずです。

うまくいくときは、迷わないものなのです。

逆に、あれこれ迷ったときはどうだったでしょう?

謎の儲け話や、上がると言われて買った株、ビビっと感じていないのに選択したときの末路は「こんなはずではなかったのに…」と後悔したことが多かったはずです。

だから、「迷ったらやめる」これを肝に銘じておいてください。

このビビサクは「ひとりビジネス」の成長を加速させるアクセルです。

経営者である自分の直感を信じる姿勢を大切にしてください。

この「ビビサク」には共感する部分が多いです!
直感的に「うまくいく」と思ったことって何故か成功するんですよね。
自分の本能は、正解を知っているのかも…(笑)

「ビビサク」+「さわズー」が成功の道を開く

「ビビサク」と同じくらい大切なのが「さわズー」です。

「さわズー」とは「さわやかな、ズーズーしさ」という行動習慣を表した言葉です。

「ひとりビジネス」を最短で成功させるには、このさわやかなズーズーしさが必須だと著者は言います。

別名「笑顔でごり押し」らしいです(笑)

営業のカリスマが、お客さんに商品を販売するときに、最強にして最高の言葉があるそうです。

それはズバリ、「買って!」です。

「ぜひ商品を買ってください!」

と、さわやかにズーズーしく言うことこそ、最強なのです!

「とってもイイから、ぜひ購入してみて!」

と自信をもってハッキリ伝える。

正面から堂々とお願いする。

基本はストレートの直球で、回りくどく、あざとい変化球は必要ないのです。

羞恥心やプライドが邪魔をして、「買って!」の一言が言えない人は多いはずです。

でも、あなたの商品、サービスは恥ずかしくなるようなものですか?

そうでなければ、胸を張ってお願いしてみましょう!

「ビビサク」習慣と合体させると、

「ビビサク」+「さわズー」=「ビビさわズー」となります

直感を信じて素早く行動して、さわやかにズーズーしくお願いする。

この2つの行動習慣を今日から楽しんで実践してみてください!

まとめ

今回は佐藤伝さんが書かれた「ひとりビジネスの教科書」を解説していきました。

ひとりビジネスを成功させるステップは全部で5つありましたね。

  1. 迷いの状態
  2. テーマを決める
  3. コンテンツ作り
  4. 集客・販売する
  5. 自動化する

この記事では、1.迷いの状態 2.テーマを決める ことについて解説しました。

テーマを決めるにあたって大切なことは以下の3点です。

  • 勘違いに注意する
  • AからBに変わる方程式を活用する
  • コア・メッセージを決める

加えて、佐藤さん直伝の成功する行動習慣も紹介しています。

  • 「ビビサク」で迷わず行動
  • 「ビビサク」+「さわズー」が成功の道を開く

この考え方は面白いので、ぜひ活用してみてください!

もしも、続きが気になった方がいたら、本書を手に取って実際に読んでみてください!

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました