『無駄な努力』を0%、成果は100%にする方法『エフォートレス思考』を紹介

未分類

エフォートレス思考は、怠惰なやり方ではない。

スマートで正しい生き方だ。

グレッグ・マキューン

今回は、グレッグ・マキューン氏が書かれた、『エフォートレス思考』を解説していきます。

この本は、『エッセンシャル思考』の続編として書かれたものです。

前作のエッセンシャル思考では、『何を』やるかに注目していましたが、

エフォートレス思考では、『どのように』やるかを教えてくれます。

エッセンシャル思考で『やりたいこと』を見つける
エフォートレス思考で『スマートに成果を出す』
こんなイメージですね!

エフォートレスを分解してみると…

エフォート(努力) レス(無くす)

つまり、努力を無くすことを指します。

え? 
努力しなくていいの?!
本当かなぁ…

こんなふうに思う方もいらっしゃるかもしれません。

ここがエフォートレス思考のポイントで、努力をしないのではなく、

必要最小限の努力で成果を出すことを目的としています。

今回の記事では、エフォートレス思考について学び、最小の努力で最大の成果を出す方法を紹介していきます。

この記事はこんな人におススメ!
・前作『エッセンシャル思考』が大好き
・重要なことが多すぎる…
・時間がない
・なんだか、無駄な努力をしている気がする

エフォートレス思考はなぜ生まれた?

本書は『エッセンシャル思考』を書かれた、グレッグ・マキューンさんが執筆しています。

皆さんはエッセンシャル思考の内容はご存じでしょうか?

簡単に説明すると、

『人生において本当にやりたいことだけにイエスと言い、やりたくない事には全てノーと言おう』

という考え方です。

以前、記事にまとめているので、よろしかったら参考にしてください。

『エッセンシャル思考』を執筆後、マキューンさんは世界中で講演会やサイン会、多くの重要な仕事をこなしていました。

それに加えて、4人の子宝にも恵まれました。

自らが書いた、エッセンシャル思考を体現して、本当に重要な仕事のみイエスと返事をする日々。

一見すると充実しているように見えますよね。

しかし、実際は違いました。

絶対やりたいことだけにイエスと言っても、忙しすぎたのです。

本書の中では、その様子を『ビックロックの法則』として表現しています。

ビックロックの法則とは?

同じ大きさの瓶に「石、小石、砂利」を詰める際に、大きな石から詰めれば、後から詰める小石や砂利は隙間にピッタリと収まるという法則です。

この法則では瓶の大きさが自分のキャパシティー「石、小石、砂利」は人生の大切なものに例えららえています。

  • 石 → 健康、家族
  • 小石→ 仕事、キャリア
  • 砂利→ SNS、スマホいじり

しかし、ここでマキューンさんは大きな疑問にぶち当たります。

瓶に詰める重要な石が、多すぎたらどうなるのか?

こんなイメージです。

ビックロックの法則

この状況には、身に覚えがある方も多いのではないのでしょうか?

「本当に大切なことだけをやっているのに、時間がない。」

「もっとやりたいことがあるのに、全然余裕がない。」

マキューンさん自身も、仕事や家庭の事情で忙しすぎて、非エッセンシャルな状態になっていたそうです。

そんなとき、ふと気づきます。

正しい基準で正しいことをやろうとしていた。
間違っていたのはやり方だ。

そうして、『力を抜いてスマートに結果を出す』ことを目的にエフォートレス思考は生まれたのです。

『力を抜いて成果を出すことは、けっして怠惰なことではない』

次の章からは、日常で使えそうなエフォートレス思考を紹介していきます。

新しい考えかたを学び、人生をアップデートしていきましょう!

日常で役立つ『エフォートレス思考』

ここからは、日常で使えるエフォートレス思考を紹介していきます。

以下の3点です

  1. 難易度を下げよう
  2. やることの上限を決める
  3. 正しいことを一度だけ学ぶ

これらはどれも、昔の自分に教えてあげたいと思った素敵な内容です。

せひ学んでいってください!

難易度を下げよう

ここで紹介したい考え方は、

『物事の難易度を下げて、力を入れないで前に進む状態にする』

というものです。

「大きなことを成し遂げたい!」

「起業して年収1億円欲しい!!」

どうしても夢は大きくなりがちですよね。(僕もそうです( ;∀;))

そんな大きな夢を抱いていると、前に進んでいる感覚が湧かなかったり、心が折れてしまうことがありませんか?

これは、目標が大きすぎて大量のエネルギーを消費してしまっている状態です。

そんなときは一度立ち止まってみて、もっと楽な方法(難易度を下げる方法)がないか探してみることをおススメしています。

本書の中に、最小努力の法則という面白い内容があったので紹介します。

この法則は、大きな目標の難易度を下げる際に使えそうな知識ですよ!

最小努力の法則

人の脳は困難なことを避けて、簡単なことを好むようにできています。

これは「認知容易性のバイアス」「最小努力の法則」と呼ばれでいます。

皿洗いを放置してしまう、SNSで情報の出所を自分で調べない…

思い当たる部分は多いですよね。

こうした本能にあらがうのをやめて、それを強みに変える試みをしたらどうでしょう?

難しい仕事や課題を「どうやったら楽に解決できるか?」と考えてみるのです。

楽することを「悪いこと」と思わずに、少しずつ意識を変えていきましょう!
(僕も意識し始めました!(^^)/)

投資家のウォーレンバフェットもこんなことを言っています。

『投資の秘訣は、怠惰なくらい楽をすること』

バフェットさんのような凄い人も楽をしろと言っているのです。

僕たちも楽をしましょう!

本書の中では、難易度を下げて行動していくうちに、何もしなくても勢いが出るようになると書かれています。

ちょうど下の図で説明されています。

難易度を下げるイメージ

『何もしなくても成果が出るようになる』これはちょっと極端かもしれませんが、難易度を下げた小さな継続が、いつか大きな成果になるのだと解釈しています!

難易度を下げ、小さなことから取り組むことで、自然に前に進む環境(大きな成果)を一緒に作りあげましょう!

苦労は美徳?

最後にちょっと補足です!

皆さんは、頑張った分だけ成果が出ると思っていませんか?

僕もこの本を読むまでは、『頑張りは必ず報われる』と信じていました。

歯を食いしばって頑張るのが価値のある事、苦労して勝ち取った勝利こそが尊い。

『大変で頑張る』ことが価値があり

『楽して成果を出す』ことは悪いこと。

そんな思い込みを取り除くことも、エフォートレス思考の目的です(^^)/

何事も思いつめずに、小さなことから気軽に挑戦しましょう!

私事ですが、僕はブログを途中で何回も断念していました。
しかし、難易度を下げて、毎日一行だけ書いてみようと思ってからは続けられています!
このまま続けて、自然に進む状態(習慣化)出来たらいいな~(^^)/

やることの上限を決める

この本を読んでいて、この考えは素晴らしいなと思ったのが、

『やることの上限を決める』という内容です。

普段からToDoリストを作っている方は多くいると思われますが、そのリストが片付いた後は何をしていますか?

「気分がいいからまだ続けよう」

「体力も残っているから、もうちょっと進めようかな」

こんな感じで、次のステップに取り掛かろうとしていませんか?

やる気があって素晴らしいことだと思いますが、エフォートレス思考では、あえて仕事の上限を決めようと言われています。

本書で書かれているリサ・ジュエルさんのお話を参考にしてみましょう。

彼女は18冊のベストセラーを書かれた売れっ子作家ですが、あえて一日に書く文字数を1000ワードに制限しています。(日本語にすると4000字程度)

書くペースが速すぎると話が脱線する、逆に遅すぎると勢いがなくなると彼女は言います。

僕はこの話から

『自分が一番パフォーマンスを発揮できる仕事量を見つける』

事が大切だと考えました。

適切な上限を見つけることで、体力が温存され、効率よく業務がこなせるのでしょう!

この働き方は効率が悪そうに思えますが、気力や体力を使い切らないため、長く継続していけそうですね!

最後に、自分の中で非常に学びが大きかった一文を紹介したいです。

マキューンさんは、物事の上限を決めることを以下のように語っています。

気分が乗っているときに作業をやめるのは、直観に反するように思えるかもしれない。

だが実際は、そうした自制心こそが飛躍的な生産性の鍵なのだ

グレッグ・マキューン

僕は、1日の上限を3000文字にしました!
(今のところ、1週間に9000文字くらいしか書けてないけど…( ;∀;))

正しいことを一度だけ学ぶ

全ての知識に同じ価値はありません。

ネット記事で見た面白い広告、SNSのニュース、芸能人の報道…

これらは、見た1時間後には忘れる、もしくは役に立たない情報ばかりですよね。

本書では、こうした一時的な情報を得るのではなく、『何度でも応用できる知識』を付けなさいと言っています。

例えば以下のようなものがあります。

  • 各分野の基本的な原理
  • 顧客のニーズの理解する能力
  • 意思決定のしくみ

正しいことを一度だけ学ぶことは非常に効率的です。

事前に一度だけエネルギーを投資すれば、いつでも何度でも成果を受け取れるからです。

正しいことを一度だけ学ぼうとする意志があると、『重要な部分はどこかな?』と考えるクセが付きそうですね!

正しいことを学ぶ方法は?

では、正しいことはどこで学べるのでしょう?

ここは本書では語られていませんが、僕なりに考えてみました。

  1. 専門書を数冊まとめて読む
  2. その道のプロ(権威者)に聞く
  3. お金を払って評判のいいセミナーに参加する

専門書を数冊まとめて読めば、基礎的な知識は学べます。

加えて、重複している部分は特に重要な(正しい)部分と分かるので、より効果的な学習ができます。

プロ(権威者)は、長い時間をかけその道の知識を付けてきています。

もし話せる機会があったら、思い切って話しかけてみてください。

教科書では学べないような、その道の『本質』を知ることが出来るはずです。

評判のいいセミナーに参加することは、個人的に非常に役立つと思っています。

セミナーに参加することで、正しい知識を得るだけではなく、人脈やコネクションもゲットできる可能性があるからです!

感想

今回は、グレッグ・マキューンさんが書かれた『エフォートレス思考』を解説していきました。

個人的に、この本は凄く面白い一冊で、「なるほど~」と思う内容が盛りだくさんでした!

まだ紹介しきれなかった素敵な内容が、本書にはたくさん詰まっています。

気になった方はぜひ読んでみてください!

ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございました!(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました